本文へスキップ

裏声の練習法

ボイストレーニング通信講座

ボイストレーニング

自宅で学べるボイストレーニングHEADLINE

裏声の練習法


裏声というのは音痴を直す効果があるようです。なぜでしょうか?
ある資料によると歌を歌う筋肉には声帯を引き延ばす働きをしている輪状甲状筋というものと、声門を閉じる働きをしている閉鎖筋グループというのがあるようです。

それに呼気の圧力が加わって音程の調節が決まるみたいですがその中でも特に重要なのが輪状甲状筋らしいです。
そして、その輪状甲状筋は裏声によって鍛える事が出来るらしいのです。
これを利用しない手はありません。さっそく裏声を使ったトレーニングをしてみましょう。

1、裏声で身の回りにある文章を読んでみる(新聞欄、小説、セリフなど)
2、ドレミファソラシドを裏声で。また、同じように1オクターブあがって下がっていくのを裏声で。
3、2をスタッカートでやるのと身体の様々な部位を意識してやってみる。
4、2〜3をハミングでやってみる。
5、鼻をつまんで1〜4をやってみる。
6、イの母音で1〜5をやってみる。
7、レッスン2の一番上でやったトレーニングを全て裏声でやってみましょう。
8、自分の好きな曲を鼻歌で歌ってみましょう。
9、自分の好きな曲を裏声で歌ってみましょう。





ボイストレーニング 通信教育