本文へスキップ

ボイストレーニング用語集

ボイストレーニング通信講座

ボイストレーニング

自宅で学べるボイストレーニングHEADLINE

ボイストレーニング用語集


■ロングトーン

同じ高さの音を一定時間伸ばすこと。


■スタッカート

「その音を前後の音と分離させる」という意味で
息をお腹で切るように発声する練習のことです。


■ブレス

歌の途中などでする息継ぎのこと。


■ビブラート

音程の高さを微妙に連続的に上下に震わすこと。
ビブラートの意味としては「振動する」という意味である。


■ハミング

口を閉じて声を鼻に抜き発声すること。
わかりやすく言えば鼻歌と同じです。


■ピッチ

音程のことを指す。


■音域

声の高低幅のこと。


■ミックスボイス

地声と裏声の中間の声のこと。(ミドルボイス)


■シャウト

叫んだり怒鳴ったりすることでロックなどでよく使われる手法。


■リップロール

口を閉じた状態で息をはき、唇を震わせて発声する練習法。


■タングトリル

下を巻舌にして息をはき、舌を震わせて発声する練習法。


■ハスキーボイス

喉が潰れた声のことで、「だみ声」や「しゃがれた声」などがそのような声にあたります。


■ファルセット

日本語でいう裏声。


■デスボイス

極端に潰した「だみ声」や「ガラガラ声」のこと。
オエッっと吐くような感じで「ガラガラ声」を出す。
海外ではデスボイスではなく「growl」(グロウル)や「grunt」(グラント)などと言います。





ボイストレーニング 通信教育